無料で使えるSMS送信サービスは?PCから送れるトライアルについても解説

電話番号を利用してテキストメッセージが送信できるSMS(ショートメッセージサービス)。スマートフォンだけでなく、ガラケーやらくらくホンなどへも手軽に連絡できることから、ビジネスでの利用も徐々に拡大しています。一斉送信やパソコンからSMSを送信する際に、無料で利用できるサービスや方法などはあるのでしょうか?また、各サービスのトライアルについても紹介します。

目次
SMSの送信料金とアプリ利用料は?
SMSの一斉送信や大量配信で必要な「SMS送信サービス」を無料で使う方法
無料トライアルで注意すべきこととSMS送信サービスの選び方
1. 送信できる文字数の多さ
2. 料金
3. キャリア直接接続か国際網接続か

SMSの送信料金とアプリ利用料は?

無料で使えるSMS送信サービスはある?PCから送れるトライアルについても解説.jpg
電話番号だけで送信できるSMSは、送受信のために特別なアプリのインストールなどが必要ないことが特徴。もちろんスマートフォンだけでなくガラケーやらくらくホンなどへも送信できることから、ビジネスでの利用も拡大しています。一方で、SMSはメールと違って送受信にお金がかかると認識している人も多いのではないでしょうか?SMSアプリの利用料は無料である場合がほとんどですが、送信時に全角70文字ごとで3円(税別)の費用が発生します。SMSの受信だけであれば無料です。

しかし携帯電話から送信できるSMSには上限があり、1日200通までしか送信できません。また1回1回送る必要もあるため、とても手間がかかります。そのため一斉送信や大量配信をしたい場合は、別途SMS送信サービスの利用が必要不可欠。SMS送信サービスではパソコンから簡単にSMSを一斉送信でき、1万通以上の大量配信なども可能です。

このSMS送信サービスの利用する際には、初期費用・月額利用料・SMS送信料(送信数×送信単価)という3つの料金がかかります。初期費用や月額利用料は無料となっている場合もありますが、SMS送信料まで完全無料というサービスは現在ありません。また、多くのSMS送信サービスでは料金を明記していないため、比較する際には資料請求や直接問い合わせる必要があります。

SMSの一斉送信や大量配信で必要な「SMS送信サービス」を無料で使う方法

とりあえずSMSを無料で送信してみたい場合は、デモアカウントを申し込んで各サービスを試してみることも可能です。SMS送信サービスでは、パソコンからSMSを一斉送信するだけでなく、

  • URLの自動短縮機能
  • 開封率・クリック率の計測
  • 連絡先のグループ管理
  • テンプレートの作成

などを行えます。

例えば、お得なキャンペーンの案内をSMSで行い、1週間経っても開封していない人は同じ文面を再送するなど、販促・マーケティングでの活用もOK。 各サービスで用意している機能も異なるため、どのような内容のSMSを送信し活用したいかをあらかじめ決めておくのがおすすめです。

初期費用0円・月額1,320円(税込)から利用できるSMS。
ビズレンなら開封率がすぐ分かり、伝えられる文字数は無制限!
→詳しくみてみる

無料トライアルで注意すべきこととSMS送信サービスの選び方

デモアカウントの利用には送信数の制限や利用期限を設けていたり、全ての機能を試せない場合もあります。また、SMS送信サービスには様々な種類があり、どこを基準にして比較し選べば良いのか分かりにくいケースも。賢く選択するために注目すべきポイントは、主に3つあります。

1. 送信できる文字数の多さ

携帯電話間では最大670文字まで送信できますが、SMS送信サービスの中には70文字までしか対応していないものもあります。特定のキャリアでしか670文字送信できないサービスもあり、全キャリアで最大文字数を送信可能なものはとても限られています。

またサービスによっては、送信するSMSにメモを添付することで文字数を無制限にしているものや、画像の共有を可能にしているものもあります。

2. 料金

先述したとおり、通常SMS送信サービスでは初期費用や月額利用料、SMS送信料が必要となります。SMSを利用したことによる効果が不透明で3か月後には利用をやめている可能性もある場合、導入時にコストをかけるのはもったいないですよね。 詳しい料金表を掲示しているサービスは少ないものの、初期費用を0円と謳っているサービスであればいくつかあるため、そこに注目して選択するのもおすすめです。

3. キャリア直接接続か国際網接続か

SMSを利用する目的が「確実に連絡を確認して欲しい」「開封率を上げたい」などの場合、キャリア直接接続のサービスを選んだ方が良いと考えられます。

まずキャリア直接接続とは、国内の大手キャリアと直接接続してSMSを送信する方式のことです。高い到達率が担保された経路を通してサービスを提供しているため、国内顧客への到達率が98~99%以上という高い水準を保っています。

一方で国際網接続とは、海外の配信事業会社を利用して国際回線網を経由してからSMSを送信する仕組みを採用しています。海外の回線を利用しているため送信単価を抑えられるのがメリット。ただし国内の通信事業者によってフィルタリングがかかる場合があり、到達率は「キャリア直接接続」のサービスに比べると低くなります

スマホに標準搭載されているアプリであれば月額費用は無料で、SMSを送信する際に文字数に応じて料金が加算されます。もしSMSの一斉送信や大量配信がしたい場合は、別途SMS送信サービスが必要です。
このSMS送信サービスは完全無料で利用できるものはなく、デモアカウントを開設するなどトライアルでの利用を申し込めば、制限付きで試せるサービスもあります。どのサービスでトライアルを申し込むかは事前に決めておく方が効率が良く、特に「送信できる文字数の多さ」「料金」「キャリア直接接続」の3つに注目して選ぶのがおすすめです。

関連記事

ビズレンでSMSを一斉送信しませんか?

  • 相手の電話番号だけでテキストメッセージを一斉送信できる
  • メモ機能を使えば1回で伝えられる文字数は無制限(通常のSMSは70文字)
  • 1か月1,320円から始められる