SMSで画像を送信する方法を解説!電話番号を利用して写真を送るには?

SMS(ショートメッセージサービス)とは相手の電話番号だけでテキストメッセージを送信できるツールです。到達率や開封率が高いことから、昨今ではビジネスでの利用も増加しています。販促や集客で利用する際に気になるのが画像を送信する方法。SMSに画像や写真を添付して送信したり、HTMLメールのように見やすく装飾することなどはできるのでしょうか?その方法について解説します。

目次
SMS/MMS/iMessageの違い【基本のおさらい】
SMS(ショートメッセージサービス)
MMS(マルチメディアメッセージングサービス)
iMessage
SMSで写真や画像を送る方法
+メッセージとは?
iPhone間で写真が画像を送受信するならiMessageでも可能
SMS送信サービスとは?写真や画像を一斉送信できるのか
SMS送信サービスとは?
SMS送信サービスを使って画像や写真を送信する方法

SMS/MMS/iMessageの違い【基本のおさらい】

SMSで画像を添付して送信する方法を解説!電話番号を利用して写真を送るには?.jpg
SMSと類似するサービスにMMSやiMessageなどが挙げられます。3つを意識して使い分けることはあまりありませんが、それぞれ機能が異なっています。先の説明にて必要となるため、まずは各サービスの概要について確認しておきましょう。

SMS(ショートメッセージサービス)

冒頭で記載した通り、SMSは電話番号を用いてテキストメッセージを送信するサービスです。携帯電話間であれば670文字までの文章を送ることができます。スマートフォンやガラケーなどほぼ全てのデバイスで利用可能。受信するだけであれば無料で、送信時には70文字ごとに3円かかることがほとんどです。

MMS(マルチメディアメッセージングサービス)

こちらはキャリアメールを利用してメッセージを送信できるサービスです。対応しているキャリアはauとSoftBankのみで、docomoは非対応。auユーザー間でのやり取りであれば、電話番号を宛先にして送信することも可能です。スマートフォン・ガラケーで利用でき、MMSでかかる料金はデータ通信料のみとなっています。

iMessage

iMessageはiPhoneやiPadなどiOS間で利用できるサービスです。iMessageを利用してAndroid端末へメッセージを送信した場合は、自動的にSMSまたはMMSへ変更されます。必要となる料金はデータ通信料のみで、Wi-Fi接続時は無料です。

SMSで写真や画像を送る方法

通常のSMSで写真や画像を送信する方法は現時点ではありません。それ以外の方法で写真や画像を送信するには専用のアプリ「+メッセージ(プラスメッセージ )」をインストールする必要があります。

+メッセージとは?

電話番号を宛先にしてテキストメッセージや画像、動画を送受信できるサービスです。利用できるキャリアはdocomo、au、SoftBankとなっています。+メッセージの利用でかかる料金はデータ通信料のみ。LINEなどのチャットに近い操作方法で、気軽に連絡できるのが特徴です。

+メッセージではグループチャットも可能で、100人までであれば同時に連絡することができます。ただし、送信相手にも+メッセージアプリのインストールや初期設定をしてもらう必要がある部分が懸念点。相手が+メッセージを利用していない場合はグループチャットなども行えません。また、一斉送信したい場合は全ての送信相手を入れたグループチャットを作成し、そこへメッセージを送る必要があります。そのためメールのような一斉送信はできません。

iPhone間で写真が画像を送受信するならiMessageでも可能

先ほど説明したiMessageでも写真や動画などを送信することができます。こちらもグループチャットが可能。ただし、グループ内に1人でもiOS製品以外のデバイスを利用しているユーザーがいた場合、SMSまたはMMSで送信されます。SMSで送信する場合は写真や動画などのマルチメディアを送受信することはできません。

サービス名 宛先 利用できるデバイス 画像や写真の添付 一斉送信
SMS 電話番号 携帯電話
(ガラケー、スマートフォン、らくらくホンなど)
不可(例外あり) SMS送信サービスを利用すれば可能
MMS キャリアメールアドレス 携帯電話
(auとSoftBankのみ)
可能 グループメッセージなら可能
iMessage -- iOS
(iPhoneやiPadなど)
可能 グループメッセージなら可能
+メッセージ 電話番号 スマートフォン
(docomo、au、SoftBank)
可能 グループメッセージなら可能
(100人まで)

このように、電話番号宛てで写真や画像を送信する場合は別途アプリのインストールと設定等が必要となります。また、複数人宛てで送信する場合はメールのような一斉送信ではなく、LINEのようにグループチャットを作成する方法しかありません。そのため、

  • 写真や画像を電話番号宛てまたはSMSを利用して共有したい
  • メールのように一斉送信したい
  • 100人以上に送りたい

以上のような場合は、別途SMS送信サービスを利用することで可能となります。

SMS送信サービスとは?写真や画像を一斉送信できるのか

先述したとおり、別途アプリをインストールすればグループチャットのようにやり取りを行うことが可能ですが、通常のSMSは複数人に宛てて一斉送信することができません。一斉送信を行うには「SMS送信サービス」の利用が必須となります。

SMS送信サービスとは?

電話番号で送信できるSMSをビジネスでも利用しやすいように様々な機能を備えているサービスです。複数の電話番号へ一斉送信できるほか、テンプレートの作成や配信予約日時の設定などメルマガ配信サービスのように利用することができます。通常、携帯電話間では最大670文字のSMSが送信できますが、SMS送信サービスでは70文字しか送れない場合も多いのがデメリット。全てのキャリア宛てに670文字送信できるサービスは限られているため注意が必要です。

SMS送信サービスを使って画像や写真を送信する方法

一方で本題の写真や画像の送信についてですが、基本的にSMS送信サービスではテキストメッセージしか送信することができません。画像や写真を送信するためには、データをクラウド上に保存しておき共有用のURLを発行してSMSに添付する方法が挙げられます。受信した相手は共有用URLにアクセスして、クラウド上のデータをダウンロードすることで受け取ることが可能です。

また、メール配信サービスが提供しているHTMLメールのようなSMSを送信する策としては、新しくWEBページを作成する方法が挙げられます。SMSではテキストしか送信できませんが、メッセージ内にURLを記載することは可能。そのため詳細な連絡内容についてのWEBページを新しく作成することで、SMSで送信可能な文字数である670文字以上の内容を伝えることができます。

しかし、連絡1つのために自分で新しくWEBページを作るのは効率的ではありませんよね。そこで有用となるSMS送信サービスがビズレンです。ビズレンなら自動的にWEBページを生成可能。画像や写真の挿入、見出しの設定、企業ロゴの表示など簡単にHTMLメルマガのようなWEBページをSMSの送信画面から作成することができます。また、連絡の開封率も一目で確認できるため、送信後1週間経っても開封されていない人への再送も1クリックで完了できるのもメリット。会議日程の連絡や重要書類の案内だけでなく、セミナーの集客や販促ツールとしても活用できるサービスです。

初期費用0円・月額1,320円(税込)から利用できるSMS。
ビズレンなら開封率がすぐ分かり、伝えられる文字数は無制限!

→詳しくみてみる

通常のSMSでは画像や写真を送信することはできません。ただし、+メッセージを利用して電話番号宛てに送信することは可能。ただし送信側だけでなく受信側も別途アプリのインストールや初期設定が必要となっています。複数人宛てにSMSを一斉送信したい場合は専用のSMS送信サービスの利用が必須となりますが、HTMLメールのように画像や写真をSMSに添付することはできません。そのため、HTMLメールのような内容をSMSで送信したい場合はビズレンがおすすめ。ビズレンならHTMLメールのようなWEBページを自動で作成し、そのURLをSMSに添付することができます。詳しくはこちらをご覧ください。

関連記事

ビズレンでSMSを一斉送信しませんか?

  • 相手の電話番号だけでテキストメッセージを一斉送信できる
  • メモ機能を使えば1回で伝えられる文字数は無制限(通常のSMSは70文字)
  • 1か月3,000円から始められる